« 塚本功+小島麻由美のライブ | トップページ | 更なるタンゴの可能性を模索しようバンド(ゲスト:あがた森魚)のライブ(2010/1/12) »

2010年1月10日 (日)

くじらのライブ(2010/1/9)

今夜は、くじらのライブに行ってきました。

(at 下北沢lete)

くじら:杉林恭雄(vo,g)、楠均(ds)、松永孝義(b)

今回はかなりメニューを入れ替えてきましたねー。

(要所要所では、定番曲でしたが。)

最近やってない曲(松永さんがやるのは初めて?の曲)、

それも80年代の曲が多いのが嬉しい。

僕としては、12インチ3部作(花/カラス/NEON)がかなり

重要な盤ですので、ここからやってくれると本当に嬉しいのです。

前半での「少年」、「オレンジ」の流れはしびれましたなー。

この辺、松永さんのベースも動きのあるプレイで、非常においしい感じ。

後半、杉林さんと楠さんがノリノリで想定外の演奏をしたようで、

松永さんがついて行けなかった(行かなかった?)場面も。

松永さん曰く、「すごく遠くに行ってしまった」と(笑)。

アンコール2曲目(オーラス)の「SANSO」の後半で、杉林さんが

飛ばすのに煽られ?、松永さんのスラップを交えた超ファンキーな

リフが飛び出し、「おおー!」と思わず身を乗り出してしまいました。

これは本当にカッコよかったな。めったに見れませんぞ。

あと、楠さんの新兵器、小さい和太鼓?(タンバリンくらいの大きさ)が、

いい味を出してました。その他、「迷いを生じさせる」ほどの各種シェイカー類

(を台に置き、ナイロン・ブラシで叩く)を駆使したプレイでした。

(カホンとミニ・シンバルが基本のセット)

こちらで前回leteでの演奏が一部観れますな。

http://www.youtube.com/user/qujilive

今回もたぶん同じ方が撮影してたようなので、近々アップされるかも。

PCだとベースが出ないので、あくまでこんな雰囲気ということで。

現場はすごいグルーヴになってます。

« 塚本功+小島麻由美のライブ | トップページ | 更なるタンゴの可能性を模索しようバンド(ゲスト:あがた森魚)のライブ(2010/1/12) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504487/32926876

この記事へのトラックバック一覧です: くじらのライブ(2010/1/9):

« 塚本功+小島麻由美のライブ | トップページ | 更なるタンゴの可能性を模索しようバンド(ゲスト:あがた森魚)のライブ(2010/1/12) »

フォト

twitter

  • Twitterボタン

It's Time To ...

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック