« 中村まりのライブ(2010/5/4) | トップページ | 松本茜トリオのライブ »

2010年5月 5日 (水)

TOKYO M.A.P.S(2010/5/3~5/4)

lete通いの合間を縫って?TOKYO M.A.P.Sという

無料ライブイベントに行きました。知らなかったのですが、

今年で三年目だそうで、今回は菊地成孔さんオーガナイズで

あります。

(at 六本木ヒルズ アリーナ)

5/3は、ポコペンさんのライブが早い時間(16時スタート)

だったので、終了後に駆けつけました。

着いたらすごい人出。イスもけっこうあるけど立見もたくさん。

ちょうど菊地成孔クインテットライブダブの最後の曲の途中で、

真横からちょっと観て、正面の後方へ移動。

その間、ドラマーの藤井さんを残して、他のメンバーが退場。

パードン木村さん(ダブエンジニア)の斜め後ろに立って、

卓さばきと遠くの藤井さんを同時に鑑賞。意外だったのは

木村さん、全然藤井さんを見ずに音だけ聴いてフェーダー

とかをいじってました。まあ、あれだけビシバシ叩いてたら

タイミングとか見てる場合じゃないですね。他の曲では

見ていたのかも。ジャズとレゲエでは若干違うのかなあ。

僕が観たダブマスターX、内田直之、マッド・プロフェッサー

といったレゲエのミキサーはちゃんと演奏を見ながらでした。

終了後、人垣をかきわけて席の方へ行くと、若干帰る人が

いたので、すかさず着席。

ナオミ&ゴローfeat.菊地成孔。ナオミ&ゴローは何年か前に

一回ライブを観たことがあって、そのときは、まあ普通に上質な

感じだな、くらいの印象だったんですが(あと、英語の曲が多い。

僕の感覚ですが、ボサノヴァはポルトガル語が良いなあ。

アストラッド・ジルベルトのみ英語OK(笑))、去年出た

「Bossa Nova Songbook 2」がボサノヴァ・カヴァー集で

参加メンバー(ブラジルのミュージシャン)も良さげなので

買ってみたら、これが良かったんです。

で、まあ菊地さんも吹くし、行ってみようかなと。

この日演奏したのは8曲。上記Songbook2に収録の

「Pica-Pau」が一番良かった。もっのすごく可愛らしい曲です。

6曲目から菊地さんが参加。バリトンだった?マリガン?

(僕にはスタン・ゲッツの良さというものがわかりません。)

最近の菊地さん、見た目はガトー・バルビエリだな。

7曲目で、もしかしてやってしまうのかー?と思っていた

ナオミ&ナルヨシ、キターっ(笑)。パパパってコーラスのみでしたが。

5/4は正午から参加。

まずは口ロロ。初期の音源しか聴いていなかったので

いとうせいこうさん参加後はもちろん初めて。

「ジャンクビート東京」のリリックをリユースした曲があり、

21世紀の六本木で聴くのもオツだなと。

5曲目の後半と6曲目(インスト)はジャズ的というか、

器楽アンサンブル的におもしろかった。ドラムの

オータコージさんのプレイ、カッコよし。

演奏後、フロント3名と菊地さんのトークショー。

2時から、坪口昌恭さんのモジュラー・シンセ・ショー(笑)。

おそらくDoepferのA100シリーズと、もう一段が後方に積んであり、

どんどんパッチングしていくと、いろんな音がランダムに

組み合わさって出てきます。(あれ、トリガーってなんだったんだ?)

そこへ、これまたおそらくDoepferのリボンコントローラー(棒状)で、

ギターのチョーキング的なプレイを加えたり、アープのオディセイで

ファンキーなベース・プレイをパズルを組み合わせるがごとく

入れたり。やはり坪口さんザヴィヌル入ってます。

もう、普通にウェザーリポートをアップデートしたようなバンドを

組んじゃえばいいのに。(東京ザヴィヌルバッハより、生バンドな

やつを。)僕が知らないだけで、どこかでやってますか?

続いてはBEATSICK.JP。ヒューマン・ビート・ボックスのユニット。

DJシャドウの「Organ Donor」やってましたな。

HipHop系のビートだけでなく、レゲエ系、ハウス系やらグライム

(これ斬新、よくやった!)もあって、なかなかおもしろかった。

つづいて、ワタクシ的に本日の目玉、山下洋輔イントロデューシング

寺久保エレナであります。1時間のセットチェンジ&サウンドチェックが

あったんですが、エレナさんがほぼ出突っぱりで、吹くのは軽く、

しかし、けっこう早い運指で、バリバリと。こうゆうのが良かったり

するんですよねー。本編はピットインと同じメンバーで。

エレナさん、ピットインの時より、リラックスしてのびのびと

吹いていたような。(ピットイン以降も、自主練習やライブ飛入りを

こなしていた模様。本当にサックスが、ジャズが好きなんだねー。)

あと、服がモノトーンだったけどスニーカーがカラフルで可愛かったな。

19時から、カヒミ・カリィ+菊地成孔(+大友良英、ジム・オルーク。

ひー。)ということで観たかったんですが、leteにて中村まりさんだったので、

下北沢へ。

TOKYO M.A.P.Sのセットリスト、写真はこちらで。

http://www.tokyomaps.jp/report/

« 中村まりのライブ(2010/5/4) | トップページ | 松本茜トリオのライブ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

連続でごめんなさい。
このイベントは、1年目にちょっとだけ参加したよ。オーガナイザーを言えば、説明不要だけどね。1年目は宮沢和史、2年目は大貫妙子。2年目は行けなかった、と言うか沖縄系のフェスに流れちゃったのね。今年もだけど。1年目の影響で。GANGA ZUMBAとか、沖縄民謡とか、ラテン(広すぎだけど、表現が)方向に行ってしまったからね。
菊地さんは、今きてるね。音楽は詳しくないけどさ、音楽とは違う番組にも登場するよね。学校の先生でもあるからだろうけど。(大昔に高野さんのアルバムで演奏してるらしい。ボクはジャズ屋だと思っていたけど、広いんだよね。)
では。

あー、ツィートしといたよ。勝手に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504487/34534710

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO M.A.P.S(2010/5/3~5/4):

« 中村まりのライブ(2010/5/4) | トップページ | 松本茜トリオのライブ »

フォト

twitter

  • Twitterボタン

It's Time To ...

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック