« 寺久保エレナ and 松永貴志トリオのフリーライブ | トップページ | ふちがみとふなとのライブ(2010/7/25) »

2010年7月24日 (土)

WOSK presents vol.9

ダブルヘッダー2本目は、WOSK presents vol.9というイベント。

(at 六本木スーパーデラックス)

Live: 倉地久美夫+外山明, HOSE, core of bells

Dance: ほうほう堂 × DJs (佐々木敦、大谷能生),

実験ユニット (捩子ぴじん×手塚夏子)

DJ: かいき幻SHOWズ (DJもじ化け、DJ生霊、DJ死んだっけ),

カルボナーラ(Hang The DJ)

Liveのとこだけ、サクッと書きますが、

core of bellsとHOSEは初。core of bells、今日は?小芝居が

too much。いつもこんなじゃないんでしょ?

HOSEは、思ってたより難解じゃなかった。ちょっと物悲しい

感じの曲が多く、トランペットとトロンボーンがいるせいか、

なんかミュート・ビートぽい?

全部いい曲だったけど、やっぱ小芝居はいらない。

セッティングから「やる気なさげ」な小芝居してたけど、

片付けは清々と。宇波さん、ダンボールきちんとたたんでたしw。

曲、演奏が十分にパンク(な、Attitude)なので、それでいいじゃんか。

イベントのトリは、やはり倉地・外山デュオ。

倉地さんを観るのは約4年ぶり(前回は倉地、外山+菊地成孔)。

なんか随分あいちゃったなあ。

この特殊なギター弾き語りにドラムの伴奏をつけられるのは、

本当に数少ない人だけでしょう。ていうか外山さんのドラムも

非常に特殊なんですが。今回に限らず、外山さんが共演者を

じーっと見て、素早く対応するさまはなんともクールです。

お昼に観た寺久保エレナさんは、菊地さんの代わりにここに

入れるか?いや、いっぺんちょっと揉んでもらいなよ。とか

思ったり。けっこうスルッと対応したりしてね(笑)。

物販でBrazil「Bird」購入。ライブ会場限定販売だったのか。

CD屋で探してたけど、無いわけだ。

Brazil:西﨑美津子(vo)/稲田誠(b)/服部玲治(d)/西川文章(g)

« 寺久保エレナ and 松永貴志トリオのフリーライブ | トップページ | ふちがみとふなとのライブ(2010/7/25) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504487/35883752

この記事へのトラックバック一覧です: WOSK presents vol.9:

« 寺久保エレナ and 松永貴志トリオのフリーライブ | トップページ | ふちがみとふなとのライブ(2010/7/25) »

フォト

twitter

  • Twitterボタン

It's Time To ...

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック