« ウーゴ・ファトルーソ+ヤヒロトモヒロ(DOS ORIENTALES)のインストア・ライブ | トップページ | Pan Note Magicのフリー・ライブ(2010/10/11) »

2010年10月10日 (日)

横濱ジャズプロムナード(2日目)

本日は横濱ジャズプロムナード(2日目)に。

10/9(土)、10/10(日)の2日間、横浜・関内地区を中心に、

大小10ホール、ジャズクラブ23店舗、街角会場多数で

平行して演奏が行なわれました。

僕は1日通しパスを買って、2日目に参加。

ご参考で10/10(日)のホール会場スケジュール表です。

http://jazzpro.jp/schedule1010_hall.html

ホール会場は基本的に60分演奏して40分の休憩/移動時間。

まずは、納谷嘉彦トリオwith纐纈歩美にしようと

思ってたのですが、それが終わってからの別会場移動では、

(その次の時間帯の)バティスト・トロティニョン・トリオの席が

危ういとのことで、バティスト・トリオから参戦。

<14:20~15:20>

Baptiste Trotignon(バティスト・トロティニョン)ピアノ
Diego Imbert(ディエゴ・アンベール)ベース
Dre Pallemaerts(ドレ・パルメルツ)ドラムス

こないだMoodstockで、来たばかりの横浜開港記念会館でした。

2週連続で、ここでライブを観れるってすごいことなのかも。

さて、バティスト・トリオ、前半、ややおとなしめでしたが、

後半盛り上がってきました。ホール会場の演奏時間は

どこも基本的に60分なので、いいところで終了。

引率の西山瞳さん、おつかれさまでした。

続いて、ランドマーク・ホールへみなとみらい線で2駅移動。

次の時間帯<16:00~17:00>は観たいのが被りまくり。

で、選んだのがイチョウ五重奏団。

なんじゃそりゃってバンド名ですが、メンバーはこんな感じ。

新澤健一郎(しんざわ・けんいちろう)ピアノ
太田朱美(おおた・あけみ)フルート
土井徳浩(どい・とくひろ)クラリネット
会田桃子(あいだ・ももこ)ヴァイオリン
伊藤ハルトシ(いとう・はるとし)チェロ

これはワタクシ的に、観なきゃだろーというメンバー。

で、出演者プロフィールを読むと、

>●イチョウ五重奏団 [Ginkgo Quintet]

>即興と編曲の可能性を究める全く新しい五重奏の響き!

>ジャズ、ブラジリアン、タンゴ、クラシックを基軸に、

>とりわけ、エグベルト・ジスモンチ、ジャコ・パストリアス、

>デューク・エリントン、武満徹らをリスペクトした選曲および

>オリジナル曲で構成。暖かく楽しく、心を委ねられる響きです。

うわー、僕が聴きたいとこ直球ですな。

で、実際すばらしかった。みなさんすごいんですが、

特にクラリネットの土井さんがヤバイ。

あと、チェロの伊藤さん、僕は初めてでしたが、

25歳だそうです。おぬし、デキルな・・・。

この楽団、今年の春に結成だそうで、初演は4月。

そのときの映像から、ジャコパスのカヴァーを。

・Liberty City by Ken'ichiro Shinzawa Ginkgo Quintet

http://www.youtube.com/watch?v=CFR_zUnAcok

さて話はジャズプロムナードに戻りまして、

次の時間帯は休憩にしました。関内に徒歩移動して

スタバで軽くエネルギー補給しつつ、次は何を観るか

考える。中牟礼貞則さんカルテットが一番間違いない

(内容的なことと、座って観れるってこと。)のだが、

竹内直カルテット(片倉真由子p)と西山瞳トリオも

観たい。迷いつつ、ディスクユニオンに移動。

CDをサーチ&ゲットしてるうちに19時になってしまった。

西山さんトリオは観たことあるし、やっぱ片倉さんのピアノ

聴きたいなと思い、あわてて日本大通り方面のお店、

JAZZ IS(竹内直4)に移動。外からお店の中を見ると、

というかドアのガラス越しにパツンパツンの立見のお客さんが

見えて、ダメだこりゃ。関内の上町63に取って返すと、

入口で係の方に「いっぱいです。」と言われる。

あらー、ってんで、関内ホール(小ホール)の中牟礼貞則4へ。

会場に入ると、おそらく1曲目の途中。ほぼ満席だったので、

曲が終わるのを待ち、なんとか空いていた席に着席。

<19:20~20:20>

中牟礼貞則(なかむれ・さだのり)ギター
小杉 敏(こすぎ・さとし)ベース
江藤良人(えとう・よしひと)ドラムス
三木俊雄(みき・としお)テナーサックス

ああ、やっぱ中牟礼さんのギター、良い。

最初から中牟礼さんにしておけばよかった。すんません。

このアンサンブルにしては、サックスの音が若干大きく、

ノーマイクでもいいのではと思いましたが、三木さんも

それはご認識していたようで、マイクから離れて吹いたり。

本日の締めくくりにふさわしいステージでした。

« ウーゴ・ファトルーソ+ヤヒロトモヒロ(DOS ORIENTALES)のインストア・ライブ | トップページ | Pan Note Magicのフリー・ライブ(2010/10/11) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504487/37223559

この記事へのトラックバック一覧です: 横濱ジャズプロムナード(2日目):

« ウーゴ・ファトルーソ+ヤヒロトモヒロ(DOS ORIENTALES)のインストア・ライブ | トップページ | Pan Note Magicのフリー・ライブ(2010/10/11) »

フォト

twitter

  • Twitterボタン

It's Time To ...

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック